調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務とは薬剤師のサポートをするのがお仕事の職種で、主に調剤薬局で働いています。今の病院は医薬分業のため、薬の処方箋を発行し、患者さんはそれを調剤薬局に持って行って処方してもらいます。みなさんも一度は経験があるんじゃないでしょうか?

このサイトでは調剤薬局事務とはどういったお仕事なのか?またどのようにすれば資格が取れるのか?実際に働いた給料や年収は?また面接対策なども掲載しています。調剤薬局事務は主婦にもおすすめの末永く働ける職場です。是非資格を取って働きましょう!


step1

調剤薬局事務とは?

まずは調剤薬局とはどんなところかを知りましょう。仕事概要や働く上で必要なスキル、適性、需要についてや働くメリットやデメリットについて解説しています。また、似たような職種である医療事務との違いについても解説しています。


step2

調剤薬局事務の資格取得

資格がないと厳しいのが現実ですが、資格取得をすすめる理由や資格の種類、勉強方法についての解説をしています。取得するのがおすすめなのは知名度も高い調剤事務管理士です。主婦にも人気がありますよね。


step3

調剤薬局事務の仕事内容

仕事はどんなものかを知りましょう。1日の仕事の流れや注意点、人間関係、収入・給料などの待遇や雇用形態など。患者さんの対応や心がけること、お薬手帳の作り方や、レセプトとは何かといった解説、現役の年齢層などを解説。


step4

調剤薬局事務の就職・転職ガイド

就職や転職をする際のガイドです。実際の求人状況や、就職活動の方法、履歴書でアピールする部分、新卒の注意点、就職を有利にする方法などを解説しています。


人気がある医療系の職種

調剤薬局事務は人気の医療系のお仕事です。長引く不況の中、比較的安定している医療系の職場が非常に人気が高くなってきています。調剤薬局で働きたい!という方も年々増加しています。また、医療系の職種は女性が多く活躍する職場であり、福利厚生なども充実している場合が多く、主婦の間でも人気がある職場です。

求められる資格

医療系の職種はそのほとんどが専門資格を持ったいわばエキスパートの集団です。調剤薬局事務においても資格がないと、資格がある人に比べて就職で不利な状況になることは多いです。資格を取るということは必須だと言ってよいでしょう。調剤薬局事務は受験資格が無く、誰でも挑戦することが出来ます。是非みんなでエキスパートの仲間入りを果たしましょう!

このページの先頭へ