就職状況について
調剤薬局事務については、一般事務のような飽和状態を起こしていないのが現状であり、求人情報誌でもハローワークでも飽和状態にまではなっていません。

転職について
調剤薬局事務の転職については、有資格であることは必要になる可能性は非常に高いです。しかし、実務経験を持っているので、無資格・未経験者と比較した場合には、就職は有利になってくるでしょう。

就職活動状況
調剤薬局事務の就職活動をしている人は、年齢的にも学歴にも、色々な人がいます。新卒として就職活動をする人もいますし、シングルマザー、子供が手を離れた主婦など、様々になっています。

就職活動の方法について
調剤薬局事務として就職活動を行う方法はどのようなものがあるのでしょうか?求人情報誌や求人サイトなどがおすすめです。

履歴書の書き方
調剤薬局事務の履歴書の書き方を解説します。履歴書の書き方のポイントを解説しています。

職務経歴書の書き方
職務経歴書については、志望動機・職務経歴・自己PRの3項目に分けた記載を行います。履歴書とは違い、職務経歴書はパソコンなどで作成をして、印刷したものを利用して構いません。

就職活動を有利にするには?
就職活動を有利に展開するのに必要なものは、やはり資格でしょう。転職をされる場合については、一定期間の実務経験も問われます。最低でも資格は必須といえるでしょう。

就職先について
調剤薬局事務の就職場所は、調剤薬局だけとは限らないのです。未だに医薬分業の進んでいない病院でも必要になりますし、調剤を行っているドラッグストアでも就職は可能になっています。

雇用契約の注意点について
雇用される際にどのような職種でも雇用契約書の取り交わしを行いますね。調剤薬局事務でも同様のことを就職する際に行います。この際に注意した方が良いことがあります。

求人情報を見る際のチェックポイント
求人広告をチェックする際にも何点かのチェックポイントがあります。応募する前に求人の内容について問い合わせることも場合によっては有効です。

資格のほかに必要とされるスキル
調剤薬局事務の資格以外に必要となるスキルがあります。就職活動を行う際に必ず必要になりますので、確認しておきましょう。

新卒での就職の際の注意点
新卒で調剤薬局事務として就職される方もいらっしゃると思います。アルバイトと同じようなスタンスでは就職は難しいです。その注意点について記載します。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?