現在の調剤薬局事務の就職の状況については、有資格者や経験者であれば特に問題なく仕事を得ることができるでしょう。新卒である場合は、その時点で資格がなくても、今後取得に向けて学習すれば問題ありません。調剤薬局事務を最初から目指しているのであれば、学生時代から学習をスタートさせておけば就職に有利に働くことでしょう。

また、主婦や中途入職で未経験の場合は資格は最低取得しておきましょう。でないと募集して履歴書を見せた時に他の人と比べて大きく見劣りしてしまうので、最低限資格取得は必要です。持っていないと就職には不利になると思います。

調剤薬局事務の求人状況については、一般事務のような飽和状態を起こしていないのが現状です。一般事務ですと、ハローワークでも1人の求人に対して300人もの応募があるような状況も発生していますが、調剤薬局事務は求人情報誌でもハローワークでもそのような状況にまではなっていません。

ですのでまだまだ未経験でも十分にチャンスがあります。女性の職場ですので、結婚や出産などにて離職される方も多いです。そうするとまた求人をかけることになりますので、表現としてはいかがなものかと思いますが「回転率のいい就職状況」という土壌があります。

また、女性の職場と言うことを配慮して、産休・育休などを取得しやすい環境作りが進んでいます。そういった場合には、期間雇用としての就労をするケースもありますね。この場合には、人材育成に時間がかけられないため、即戦力としての能力を有する人材が求められます。

調剤薬局事務はまだまだ将来性もある職業ですので、早い段階で資格の取得をして実務経験を積んでおきたいところですね。実務経験という付加価値をつけることにより、今後の活動が変わってくるのです。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?