調剤薬局事務の就職場所は、調剤薬局だけとは限らないのです。未だに医薬分業の進んでいない病院でも必要になりますし、調剤を行っているドラッグストアでも就職は可能になっています。

要するに、薬剤師の活躍場所=調剤薬局事務の活躍場所と認識していただいても構いません。調剤薬局事務は、薬剤師とは身につけている専門知識は異なる部分も多いのですが、サポートを行っていけるのが調剤薬局事務だけなので、このような図式が成り立つのです。

地方に転居した場合に病院さえあれば、調剤薬局やドラッグストアでの調剤は行われます。よほどの過疎地でなければ、病院は必ずといっていいほどありますので、就職先がないと言うことはないでしょう。

しかしすでに調剤薬局事務が就業していて、空きがないという場合については就職も難しくはなってしまいます。この点はデメリットではあります。しかし、都市部に関して、勤務医から開業医になる医師がまだたくさんいます。

病院が増えることにより調剤薬局も増加することになりますので、就職先がキープされていくことになるのです。病院・調剤薬局・ドラッグストア調剤を行っているところに関して、主な就業場所だという認識で結構です。

登録販売士という資格が出来て薬剤師のようなアドバイスをできる立場の人がいますが、基本的には調剤は薬剤師にしか出来ません。似たような資格でも異なりますので、登録販売士がいるドラッグストアでは調剤薬局事務の仕事はないと思います。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?