調剤薬局事務の資格以外に必要となるスキルには次のようなものがあります。まず、実務も大事なのですが、患者さんとの応対について、柔軟に行えるだけのコミュニケーション能力が第一に必要になります。

コミュニケーションを図っていくことにより、処方箋からは読み取れない患者さんの体の状態をヒアリングできるという利点があります。万が一、医師に言いそびれている場合などについては、注意しなければ行けないことも発生しますので、日頃から患者さんとのコミュニケーションは密にしておくのが望ましいですね。

次に、処方箋の入力やレセプトの処理、お薬手帳に貼り付ける内容については、パソコンにて処理します。したがって、極端な例で言いますと、両手の人差し指だけで覚束なく入力しているようでは、全くスピードが追いついていないと言えます。

それだけ患者さんを待たせることになりますね。最新のものでは処方箋を画像をして読み取り、それだけで入力済みとしてしまう機械がありますが、全ての調剤薬局に設置されていると言うことではありません。

パソコンのスキルも相応のものが求められるでしょう。すぐに必要になるものとしては、コミュニケーション能力とパソコンスキルのように上記に記載した内容が必要とされています。

その他にもありますが、それについては追々学んでいくことになりますので、就職に際しては、まずこの2つに関してクリアしておくようにしてください。就職活動の役に立つことは間違いないでしょう。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?