新卒で調剤薬局事務として就職される方もいらっしゃると思います。その注意点について記載します。今まで学生時代にアルバイトの経験がある方でも、それと同じような就職の仕方ではいけないことについては学校でも指導があるでしょう。

履歴書の書き方、面接についても実技で習っている場合もありますね。履歴書についてプラスアルファのエッセンスを加えるとしたら、資格の欄です。ここには、有資格者であればきちんと記載してください。

資格のないままであれば、資格取得に向けて学習中であることを記載するだけでも面接に良い影響が出るのです。その他には、数カ所のアルバイト経験があれば、職務経歴書としてA4の用紙1枚にまとめたものを添付することもいいですよ。

そこには、アルバイトを通して学んだことについても触れておきましょう。職務経歴書の項目に詳細を記載しますので参考にしてください。新卒でも十分に応用が効きます。

面接についてですが、面接官には色々なタイプかあります。例えば、わざと嫌なことを言って、その反応を見て採用を検討する材料にしようとする人や、いかにも穏やかでにこやかな雰囲気を醸し出しておいて油断した頃に痛いところを就いてくるような人もいます。

正直に言って、こればかりは面接の数を重ねていかないと見抜くのも難しいのです。そして、面接官は応募者の人柄などを一瞬で見抜くだけの目を持っています。面接室に入る前には、気持ちのスイッチを切り替えましょう。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?