調剤薬局事務として働くためにも実際の仕事内容を把握しておきましょう。また、雇用形態、給料などについても解説しています。仕事内容を理解しましょう!

1日の仕事の流れ
調剤薬局事務の1日の仕事の流れをおおまかに解説しています。どういった仕事になるのかある程度イメージすることは重要ですよね。

月末は繁忙期
調剤薬局事務にも繁忙期というものがあります。月末に調剤報酬明細をまとめて請求を行う作業があるのです。これをレセプトといいます。

仕事の注意点
調剤薬局事務の仕事で注意しなければならないことはたくさんあります。前回データのある患者さんに関しては、前の処方と異なる場合には確認も必要になります。

職場の人間関係
調剤薬局は、薬剤師も含めて女性の割合が比較的多い職場だといえるかもしれません。そうすると、気になるのが人間関係ですね。実際はどのようになっているのでしょうか?

待遇について
調剤薬局事務の待遇についてですが、正社員やパートなど色々な働き方があります。それによって待遇も若干、異なってくるのですが、正社員については有給休暇や社会保険・厚生年金などが完備しています。

雇用形態について
調剤薬局事務の雇用形態としては、正社員、派遣社員、パート・アルバイトと分かれています。それぞれに特徴がありますので、自分にあった雇用形態で働きましょう。

給料について
調剤薬局の給料ですが、もちろん雇用形態によって異なってきます。正社員では、月平均で18万円程度となっていますね。勤務年数などにもよって変わりますが、ここでは平均的な金額を紹介させていただきます。

退職金はある?
調剤薬局事務も、正社員であれば退職金の受け取りをすることができます。ただし、他の職種同様に3年間つとめていればという条件を設けているところも多いようですね。

仕事における必需品
調剤薬局にて勤務する際の、必需品というものは何だと思いますか?通常のデスクワークに必要なもの一式は当然、勤務先にて用意されていますので、特にご自身で用意されることもないでしょう。あると良いものを紹介します。

心がけなければならないこと
仕事をするに当たって心がけておくこともあります。調剤薬局とは、体調を崩されている方のくるところなので、いかに心身ともに不快にならない環境を提供できるか、ということが大事なことなのです。

患者さんの対応をする際のコツ
患者さんの対応に関してのコツのようなものがあります。患者さんは何かしらの病気であったり、体調を崩して来ているので、病院の会計だけではなく、薬の処方も早くしてもらって帰りたいという心情でいるのです。

お薬手帳の作り方・更新方法について
お薬手帳は、患者さんの投薬状況を知るのにも必要なものです。新患の方はほとんど持っていませんので、お薬手帳を持っていただくことのメリットについて説明をしなければなりません。これを作るのも調剤薬局事務の1つです。

レセプトとは?
レセプトという言葉がここまでに何回か出てきましたが、これはいったい何を意味するものでしょうか。レセプトは病院では「診療報酬明細」を意味しますし、調剤薬局においては「調剤報酬明細」と意味することになります。

現役の年齢層について
調剤薬局事務の現役での年齢層についてですが、雇用形態により異なってきます。正社員は20~30代の女性が比率としては多くなりますし、パート・アルバイトの場合については40代以上の主婦が活躍しています。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?