前項目にて触れてもいますが、調剤薬局事務の雇用形態としては、正社員、派遣社員、パート・アルバイトと分かれています。正社員は主にフルタイムとなっており、時間拘束も責任の面でも重責があります。

もちろん、ほかの雇用形態でも責任がないわけではありませんが、正社員については後々、現場の責任者となる可能性もありますので、厳しく管理されます。

派遣社員については、基本的に有資格・経験者の即戦力として、雇用されることが多いです。したがって、一定以上のスキルを求められます。また、実際に派遣社員がもらう給与以上の額を派遣先は派遣元に対して支払っていますので、その額に応じた仕事内容を要求されるケースが実に多いのです。

調剤薬局事務に関わらず、派遣は割に合わないという声をよく聞きます。パート・アルバイトについては、結婚されていたりして扶養の範囲内で働きたい、子供がいるので定時には帰宅したい、などというプライベートな事情のある方もいらっしゃいます。

お子さんがいらっしゃる方は、なかなか仕事を見つけるのも大変ですが、調剤薬局事務などの医療系については、かなり個人的事情に対して許容度は高いものだと思います。

しかし、採用が決定してから、あれこれと条件をつけるのはマナーとしてはいかがなものかと思いますので、面接の際に事情を申し出ておくのが適切でしょう。それにより検討されますので、結果的に働きやすい環境が手に入ることになるのです。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?