調剤薬局の給料ですが、もちろん雇用形態によって異なってきます。正社員では、月平均で18万円程度となっていますね。勤務年数などにもよって変わりますが、ここでは平均的な金額の提示をさせていただきます。

そして派遣社員については時給になりますが、平均で1700円程度が目安になるでしょう。正社員やパート・アルバイトには交通費の支給がありますが、派遣社員については交通費の支給は、基本的にありません。交通費込みの給料体系になっています。

パート・アルバイトに関しては、これも時給ですが850円程度が目安だと思っていただいて結構です。一般事務の仕事よりも、若干高いかと思われる給与体系ではないかと思います。ここに記載した額は、各種保険などの差し引き後の手取りの額となっています。

単なるデスクワークではないため、その分、一般事務よりも高く設定されていますが、正直に言って「これでは割に合わない」と思う人も少なからずいるようですね。

しかし、調剤薬局事務のメリットに記載したとおり、この資格を持って実務経験を積むことにより、転職を余儀なくされたときでも、他の職種よりも転職するにも有利になりますし、まだ就職状況としては飽和状態にはなっていませんので、一般的な事務職よりも将来性のあるものだと思います。

飽和状態になってしまわないうちに資格取得をして実務の経験を積んでおくことが賢明ではないかと思われます。ある意味、今がチャンスなのではないでしょうか。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?