調剤薬局事務の待遇についてのお話をします。別項目に雇用形態の詳細は記載しますが、正社員やパートなど色々な働き方があります。それによって待遇も若干、異なってくるのですが、正社員については有給休暇や社会保険・厚生年金などが完備しています。

派遣社員についても、6ヶ月以上の契約で有給休暇もありますし、社会保険・厚生年金については、派遣元にて完備されます。派遣社員の場合には、契約時間を超えると残業代の発生があり、時給は上がっていきますので派遣先としては、あまり残業をさせたがらない状況はあるものだと思ってください。

実際に、1日10時間を超える勤務になると時給は1.35倍になることに法的に決められていますので、雇う側としては痛い出費なのです。パートやアルバイトについては、1週間に40時間を超える労働時間がないと社会保険・厚生年金には加入ができないことになっています。

しかし、半年を超える契約の場合には、雇用保険の加入が必要になりますので、万が一、半年後に離職する場合についても失業給付が受けられるようになっています。労災については、どの雇用形態でも加入することが必須となっています。

したがって、業務内または通勤時にけがなどをした際にも、労災の適用がされることになるでしょう。企業の現状としては、なかなか労災認定をしてくれるところが少ないのは現状としてありますが。ボーナスに関しては、正社員のみが対象となります。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?