お薬手帳は、患者さんの投薬状況を知るのにも必要なものであることは、他の項目にて触れたとおりです。新患の方はほとんど持っていませんので、お薬手帳を持っていただくことのメリットについて説明をしなければなりません。これを作るのも調剤薬局事務の1つの仕事です。

その作り方については、至って簡単なものとなっています。お薬手帳の出始めのころは、普通紙に印刷をしてテープなどで貼り付けていましたが、現在ではシール上になっていて、お薬手帳に貼り付けるだけになっています。

患者さんの情報を記載もしくは印刷して置きます。登録情報と照会できるように番号を振っておくこともありますね。処方箋の情報を入力すると、処方した薬の内容が、シールに印刷できるようになっていますので、それをお薬手帳に貼り付けるだけという方法になります。

お名前などに間違いがないか患者さんに確認していただきましょう。一度作ってしまえば、あとは患者さんに持参していただくだけで、処方のあるたびにシールを貼り付けていきます。いっぱいになったところで、更新をして新しいお薬手帳を発行します。

重複していない部分の処方があるようでしたら、当面は2冊持参していただくように、患者さんに対して説明を行います。投薬の情報が、すべて貼り付けられた段階で新しいものだけを持参してもらうようになります。

これは、複数の医療機関にかかっている患者さんに対して十分な説明を行うことになります。1つの調剤薬局だけを利用しているとは限りませんので、その点の配慮が必要でしょう。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?