資格取得をすすめる理由
無資格の場合についても触れてきましたが、基本的には資格は必要なものだと思ってください。したがって、事前に取得しておいた方が良いでしょう。資格取得をすすめる理由を解説します。

調剤薬局事務資格の合格率や難易度
調剤薬局事務の資格の合格率や難易度を紹介しています。複数の資格の合格率を比べてみましょう。

資格の種類

資格には何種類かありますが、基本的にはどれを取得しても構いません。オススメなのは比較的合格率も高く、知名度も高い調剤事務管理士の資格です。

調剤事務管理士(おすすめ)
調剤事務管理士の資格は、株式会社技能認定振興協会が主催している資格で、受験資格の条件はありません。年に6回の試験があり、実技試験および学科試験ともに70%以上で合格が認定されます。

調剤事務実務士
調剤事務実務士の資格は、調剤情報実務能力認定医試験の合格者に付与される称号となっています。どなたでも受験は可能です。主催は、NPO法人医療福祉情報実務能力協会にて行っています。

調剤報酬請求事務専門士
調剤報酬請求事務専門士の資格については、唯一、政府の認定を受けている資格になります。主催しているのは調剤報酬請求事務専門士検定協会です。

勉強方法

通信講座を利用する
通信講座では、標準的な学習期間が3ヶ月程度となっています。通学の方がリアルタイムに質問が出来ますが、通信講座のメリットとしては、ご自分のペースにて学習が出来ると言うことがありますね。

通信講座の選び方
調剤薬局事務の通信講座の選び方を紹介しています。比較するのは重要です。

通学講座を利用する
通学講座での学習は、標準学習期間が2週間程度となっています。通学講座のメリットについては、スクールにて学習しますので当然講師が付いており、他の生徒もいるので集中して学習出来ることです。

独学で学ぶのは難しい
資格を取得するに当たり、独学にて学習しようとされている方もいらっしゃるかもしれませんね。実際独学で合格するのは結構難しいです。

薬剤師が調剤薬局事務の資格を取る場合
薬剤師が調剤薬局事務の資格を取るケースは少なくはありません。調剤薬局を独立して開業するには、自分でも調剤薬局事務の資格を取得していないと、人を雇っても管理しきれない部分が出てくるからです。

主婦にも人気の調剤薬局事務資格
主婦の方の中には、経済的な理由や、空いた時間を効率的に使いたいなどの理由より、就職を希望される方もいらっしゃることでしょう。職業の1つとしては人気が高い職業です。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?