薬剤師が調剤薬局事務の資格を取るケースは少なくはないのです。それは、調剤薬局を独立して開業するには、当初自分自身でも調剤薬局事務の資格を取得していないと、調剤薬局事務を雇っても管理しきれない部分が発生してしまうからなのです。

また薬剤師の国家資格を持っていても、なおスキルアップを検討する方もいらっしゃいます。これにより、調剤薬局での業務が円滑に進むこともあるのです。これらの理由から、薬剤師が調剤薬局事務の資格を取得するケースがあります。

国家資格を持っていれば、簡単に調剤薬局事務の資格が取得できると思っている方もいるようですが、実はそれほど簡単ではないことを認識してください。

もちろん調剤薬局事務の資格で必要とされる薬剤や医学的な面では優位だと言えますが、はたして調剤報酬請求についていかほどの知識を持ち合わせているかについては疑問視するところになりますね。

業務として調剤薬局事務の仕事を行うのであれば、単に薬剤だけを処方すればいいというものではなくなります。オールジャンルにて対応できる能力が問われることになるのです。

薬剤師の全てがということではありませんが、やはり現在の6年制の薬科大学を出て国家資格の取得をしていますので、民間の認定資格である調剤薬局事務の資格について、少々軽んじているところもなきにしもあらず、という印象を受けますので、調剤薬局事務受験の際には、侮ることのないようにしていただきたいです。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?