調剤薬局事務にもメリットだけがあるのではありません。残念ですがデメリットもあります。これはどういった点についてかといいますと、就職する際に資格があるかないかによって、採用にかなりの影響が出るということです。

求人広告の中には「未経験者OK」となっているものも多くありますので、一見すると間口の広いように感じられるかもしれませんが、これらについては有資格者であることが前提となっていることが多いのです。専門的な知識の要求される調剤薬局事務では、無資格未経験での就職は正直に言って難しい部分があるでしょう。

中には資格はないけれど、運良く就職できて実務経験があるという方もいらっしゃいます。こういった場合については、「まだ」資格は有していないけれども、勉強はしていて、資格取得を目指しているという状況下にある人がほとんどです。

面接の際には資格がない点について質問されたりしますが、資格取得を目指して勉強していることを伝えると、勉強していない人より少しは印象が良くなります。

もしも資格を取得しておらず、実務経験のない中で就職活動をするのであれば、今後業務を円滑に行えるように資格取得を目指していることをアピールしないと、採用されることは難しくなってしまいます。

たとえ調剤薬局事務としての仕事の適性を備えていても、資格が無いことがネックになることもありますので、難しいところですね。就職・転職をするにも資格ありきという点は、デメリットになるのではないかと思います。

今後みなさんが調剤薬局事務で働きたいと思うのなら、資格は必ずとっておくことをおすすめします。資格が無いというだけで、いわゆる「足切り」される場合が多いです。

比較的人気が高い職業でもありますので、「必ず資格を取る」事で、少しでもライバルに差をつけることをおすすめします。資格を取る場合は通信講座がおすすめです。

どの講座が良いのかなどは、通信講座の選び方を参考にしてみてください。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?