調剤薬局事務と医療事務の仕事は、一緒のような印象がありますね。勤務先が病院と調剤薬局の違いだけではないかと思うかもしれませんが、異なる点は他にもあるのです。違いを学びましょう。

もちろん、必要とする資格は異なります。これは、医療事務が「診療報酬の請求」を行うのに対して、調剤薬局事務では「調剤報酬の請求」を行うために、必要とする知識が異なってくるのです。医療事務の資格を持っていれば調剤薬局の仕事ができる、もしくは、その逆ができるということにはなりませんね。

それぞれベースとなるスキルに必要な部分は、重なるところもありますが、必要になる専門的な知識については、全く異なります。医薬分業の前には、すべて医療事務で行っていましたが、分業されてからは、それぞれの分野のみを担当するようになりました。

そして、サポートする相手も、医療事務は医師や看護師が相手なのに対して、調剤薬局事務では薬剤師のサポートをしていくことになります。また、医療事務は、すでに終わっている診察や検査などに対しての会計を行いますが、調剤薬局事務については、「これから」行われる、処方箋の内容についての確認作業も行いますので、業務を行っている時系列についても相違があります。

調剤薬局事務では、薬剤師に処方箋を、そのまま渡すのではなくチェックを行って前回と異なっていないかなどのチェック業務にもなっていますので、慎重に行わなくてはいけません。決して、医療事務を軽んじているのではありませんが。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?