みなさんの中には調剤薬局事務を目指している方が多いのではないかと思います。そこで、調剤薬局の仕事について触れる前に、そもそも調剤薬局とは、どのようなところであるのかについて、解説をしようと思います。

調剤薬局のそもそもの始まりは薬局です。昔は病院内にて、薬局がお薬の処方を行っていました。近年の高齢化の影響もあるのかもしれませんが、みなさんも病院で会計や薬でひどく待たされたと記憶されている方もいらっしゃるでしょう。そこで、「医薬分業」というものを行うことになりました。

これは何を意味するのかと言いますと、診察・検査などにかかった費用については、病院で会計を行います。病院では医師により処方箋を発行し、病院の近郊、もしくは自宅近隣の調剤薬局にて、薬の処方、および会計を行ってもらうということで「院外処方」というシステムの導入になったのです。

未だに、院内処方を行っているところも存在はしていますが、件数としては少数になっています。この「医薬分業」によって、薬は院外の調剤薬局にて処方をすることになりました。そこで、医療事務にて行っていた会計と、調剤に関する会計が分かれることになり、調剤薬局事務という職業が誕生することになったのです。

煩雑だった業務もスムーズになり、体調を崩して来院している患者さんの待ち時間についても、軽減されるという一定の効果を生む結果となっています。
このように記載しますと、調剤薬局事務は調剤に関する会計だけでいいのだと思ってしまいますが、そうではありません。分類して仕事内容などの記載を行いますので参照してください。

通信講座の選び方
資格を取るのに効率的な通信講座はどれを選べばいいの?